Kozo Webへようこそ

日本がまだ留学を禁止していた1865年、薩摩藩からイギリスに渡った留学生のひとり、畠山義成は、杉浦弘蔵と名を変え、KoZo Soogiwooraとして第二の人生を歩みます。

木戸孝允、大久保利通の大きな信任を得て、のちに開成学校長、博物館長、書籍館長を兼任し、文部省、内務省、外務省、太政官で活躍する輝かしい未来を約束されながら、1876年、派遣されたフィラデルフィア万博の帰路、畠山は結核で34年の短い一生を閉じます。

ここでは、その短い一生が残した足跡を紹介します。

特に、アメリカ留学時代と帰国後を、彼と彼の周辺の日本人、アメリカ人などなどと共に紹介します。

「杉浦弘蔵と仲間らが編んだつながり」という意味でKozo Web(弘蔵のクモの糸)です。

畠山やその仲間、時代に関する情報、及び資料紹介は、ブログながみみMEMO や、FacebookのページJapan / US Relationship 1860’s-70’s)でも、現在進行形でご案内しております。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

現在、編集しつつ引越し中です。以前、旧サイトにあった記事がみあたらない!ゲっ( ̄□ ̄;)という場合、恐れ入りますがnagamimi@tomoland.netまでお問い合わせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です